グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  法人概要

法人概要


ご挨拶

 一般社団法人松井須磨子協会の代表理事を務めております堀川健仁と申します。当法人は芸術文化振興を目的とし、明治末期から大正時代に活躍した新劇女優・松井須磨子(長野県長野市松代町出身)の顕彰活動を行っております。
 松井須磨子は坪内逍遥が主宰した文芸協会で日本初の新劇女優となり、後に恋人である早稲田大学文学科教授・島村抱月と共に芸術座を主宰しました。芸術座は100年前のコロナと呼ばれるスペイン風邪罹患による抱月の死去と須磨子の後追い心中により解散します。芸術座は僅か5年半という短い活動ではありましたが、日本演劇史と日本音楽史において後世に与えた影響は計り知れません。松井須磨子の功績をもっと多くの方々に知ってもらいたいという気持ちと、当時のスペイン風邪を彷彿とさせる現在の新型コロナ禍において大打撃を受けている芸術文化活動に微力ながらエールを送りたいという気持ちから、私は新宿区神楽坂で20年以上続く歴史文化祭・神楽坂まち飛びフェスタ2022で「女優・松井須磨子と神楽坂~養家子孫が紡ぐ大正ロマンの世界」(新宿区後援)という松井須磨子顕彰講演会を主催しました。
 そして、数多くの方々から温かいご声援をいただきまして、芸術座結成110周年である記念すべき2023年に「一般社団法人松井須磨子協会」が誕生しました。将来的には松井須磨子記念館の設立を目指し、定期的な年次行事を開催していきます。
 不束者ではございますが、皆様からのご指導ご鞭撻を賜りながら、熱き志を持って精進して参りますので、温かい応援の程何卒宜しくお願い申し上げます。
堀川健仁
プロフィール:
静岡県出身。大正時代の新劇女優・松井須磨子養家子孫(高祖父が義従兄)。新型コロナ禍における芸術文化活動支援として2022年に松井須磨子の功績を讃える顕彰講演会を主催。芸術座創立110周年を祝し、2023年に「一般社団法人松井須磨子協会」を設立し、松井須磨子の顕彰活動を行っている。

法人概要

一般社団法人松井須磨子協会(SUMAKO MATSUI ASSOCIATION)
代表理事:堀川健仁
設立日:2023年1月26日
所在地:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-8 文悠ビルB1
略 歴
2022年10月
「女優・松井須磨子と神楽坂~養家子孫が紡ぐ大正ロマンの世界~」(後援:新宿区)開催。
開催地:神楽坂毘沙門天善國寺 掲載:信濃毎日新聞、静岡新聞、市ヶ谷経済新聞、Yahooニュース
2023年1月
一般社団法人大正ロマンプロジェクトを設立。
2023年3月26日
「カチューシャの唄の日講演会&コンサート」(後援:長野県、中央区)開催。
開催地:銀座NAGANO(信州首都圏総合活動拠点)
2023年6月25日
「都立雑司ヶ谷霊園・島村抱月墓地の墓じまい問題」で東京新聞朝刊1面トップニュースとして堀川が掲載。
2023年7月3日
一般社団法人松井須磨子協会に名称変更。
2023年10月14日
「第1回大正芸術祭」(後援:新宿区、早稲田大学演劇博物館、協賛:新宿中村屋)開催。
開催地:音楽の友ホール 掲載:音楽の友10月号、信濃毎日新聞、市ヶ谷経済新聞、Yahooニュース
2023年11月15日
「都立雑司ヶ谷霊園・島村抱月墓地の墓じまい問題」で読売新聞朝刊及びYahooニュースに堀川が掲載。
2023年12月23日
「松井須磨子記念館構想」で信濃毎日新聞朝刊及びYahooニュースに堀川が掲載。
2023年12月30日
TBSテレビ「まさかの一丁目一番地 -女性アイドル歌手の元祖は誰?大調査 SP-」に松井須磨子親族として堀川が出演。